ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >結婚式のブーケ
結婚式のブーケ


あなたのお好みのブーケは?


ブーケ(bouquet)とはフランス語で「花束」を意味するが、日本では結婚式の時に花嫁が持つ花束のことを指すことが多い。
主に教会での結婚式の時に用いられる。花嫁を邪悪なものから守るとも言われる。男性が持つものは「ブートニア」と呼ばれる。
日本のブーケの始まりは第二次世界大戦後。1965年前後から結婚式の洋式化に伴いブーケを持つようになった。
別名、ウェディングブーケとも。

<ブーケ・トスとは>

花嫁が結婚式で使用したウェディングブーケ(花束)を未婚の女性に投げることである。
正式には後ろ向きになり、誰に渡るか見えないようにして行うが、友情の証として親しい女友達に直接手渡すことも多い。
結婚式で花嫁が使用した物を式の参列者のうち、未婚の者に投げるという慣習で、幸せのおすそ分けをするという意味がある。
投げられた物を受け取った者は次に結婚できると言われている。
この慣習のうち女性向けのものを「ブーケ・トス」、男性向けのものを「ガーター・トス」(garter toss)と言う。
フランス発祥の慣習と言われている。
ブーケ・トスによって招待客たち全員(当然一度も面識のない人間を含む)に自身が未婚であることを知らしめられるのを嫌う女性もいるので、ブーケ・トスの際に「未婚の方、前にお進みください」とアナウンスする事や、急に渡す人物を指名する事は失礼に当たる場合もある。

<クラッチ  >


花材の茎をそのままリボンで束ねたナチュラルなデザイン。小ぶりに可愛らしくまとめた人気のスタイル。

<ラウンド  >


丸い形に花をまとめたオーソドックスなデザイン。カジュアルスタイル

<キャスケード  >


花が滝のように流れるような、逆三角形のデザインのブーケです。

<オーバル >


ラウンドを楕円形にしたデザインのブーケです。

<クレッセント >


その名の通り、三日月の形をかたどったエレガントなデザイン。

<アーム>


カラーやカサブランカなどの細身の花を、そのまま束ねただけのブーケ。シャープな茎がスタイリッシュさを演出します。

<バスケット>


バスケットに入れたスタイルのブーケです。可愛らしくて少し変わったスタイルがお好みの方に最適です。

<ボール >


ボールのような球状にまとめ、リボンなどで提げられるようにした可愛らしいデザインのブーケです。

>>マメ知識一覧はコチラ