ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >袱紗の選び方〜当日の渡し方
袱紗の選び方〜当日の渡し方

ふくさ(袱紗)の準備は出来ていますか?

【袱紗(ふくさ)とは?】
ふくさは結婚式などの慶事以外にも、弔事にも使います。

慶事では「赤」「ピンク」「えんじ」等の赤系統の色をふくさを使います。

弔事では「紺」「緑」「グレー」のふくさが一般的です。

 また、「紫」は慶事でも弔事でも使えますので一枚持っていると便利です。
「風呂敷」タイプや「台付き」タイプ、「金封(お財布のような形状)」タイプ等がありますが、使いやすいものを選びましょう。

「金封」タイプは比較的使いやすく、男性であれば胸ポケットに入れる場合も崩れずよいでしょう。

ご祝儀袋の大きさによってはポケットに入らない場合があります。
そのような時は無理していれず、風呂敷タイプのふくさを利用するようにしましょう。

【包み方】

袱紗(ふくさ)の折り方。数字の順番に折ります。ツメがある場合「4」にツメがくるように広げます

「風呂敷」タイプや「台付き」タイプの包み方を説明します。

ひし形にふくさを広げ、中央やや左寄りにご祝儀袋を置き、数字の順番に折っていきます。

ふくさに「ツメ」がある場合は、[4]の位置にくるように置きます。
逆の順番に折ると弔事用の折り方になるので気をつけましょう。
「台付き」タイプは台の表裏を反すことで慶弔時を使い分けられます。
お祝いごとの場合は表(上)に赤色がくるように、
お悔やみごとの場合は表に緑色がくるようにします。


渡し方
当日受付についたら、「本日はおめでとうございます」と一言。

その後ふくさに包んだご祝儀を取り出します。慌てる必要はありません、所作はゆっくりした方が丁寧に見られます。

取り出したら 畳んだ袱紗の上に、相手側に名前が読めるように置き「気持ちばかりですが」と添えながら、畳んだ袱紗に乗せたまま両手で差し出します。

最近は素手で渡すことも多いようですが、最後まで「汚さない」という気配りに好感を持って頂けるのはこちらの渡し方です。

その後は芳名帳に名前と住所を書き、受付を済ませます。
招待状に芳名帳(メッセージカード)が同封されていた場合はご祝儀を渡した後に受付に渡しましょう。


>>マメ知識一覧はコチラ