ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >結婚式のオススメ演出>オリジナルのウェルカムボードで結婚式のゲストをお出迎え!手作りウェルカムボードのアイデア
オリジナルのウェルカムボードで結婚式のゲストをお出迎え!手作りウェルカムボードのアイデア

オリジナルのウェルカムボードで結婚式のゲストをお出迎え!手作りウェルカムボードのアイデア

ウェルカムボードは、結婚式当日にゲストをお出迎えする重要なアイテムです。
そのため手作りのウェルカムボードを作成するカップルも少なくありません。
心を込めて作った新郎新婦のオリジナリティあふれる手作りのウェルカムボードは、訪れたゲストを温かい気持ちにしてくれるでしょう。
また、思い出がつまった手作りのウェルカムボードは、結婚式が終わった後には新居のインテリアとしても活用できます。
そこで今回は、こだわりの手作りウェルカムボードのアイデアを5つご紹介します。

【1】ブラックボードを使ってカフェ風に
ブラックボード 1つ目は、ブラックボードを使ったおしゃれなカフェ風のウェルカムボードです。 イーゼル型の小型ブラックボードを用意し、チョークを使ってゲストに向けたメッセージを書き加えましょう。 英語でメッセージを記入することで、カフェ風のおしゃれな雰囲気を漂わせることができます。「Welcome to our wedding reception.(ようこそ私たちの結婚式へ)」「Thank you for coming today.(今日は来てくれてありがとう)」などのメッセージを筆記体で書くと、さらにおしゃれに仕上がります。


【2】コルクボードとたくさんの写真でポップに
コルクボード 2つ目は、コルクボードを使ったポップなウェルカムボードです。大きめのコルクボードを用意して、メッセージと共に写真を貼り付けます。中央に「Welcome」などのコメントを書き、その周りを囲むように思い出の写真をいくつも貼り付けましょう。はみ出るほどにたくさん貼って、ポップに仕上げることがポイントです。知人が写っている写真も積極的に貼り、式に出席してくれたゲストたちを楽しませる工夫を加えましょう。


【3】イスを使ってひと味違った雰囲気に
3つ目は、イスを使ったひと味違ったウェルカムボードです。
木製のイスにリボンなどをあしらい、おしゃれに仕上げましょう。楽譜や英字新聞などを貼ると、より素敵な雰囲気のあふれるウェルカムボードに仕上がります。
また、座る部分にぬいぐるみやブーケなどの小物を置いてキュートに仕上げることもできます。
もちろん、ブラックボードやコルクボードで作ったウェルカムボードをこのイスに乗せても良いでしょう。
イスを使ったアイデアは、他とはひと味違ったウェルカムボードを作りたい方におすすめです。

【4】トランクを使ってレトロに
トランク 4つ目は、トランクを使ったレトロな雰囲気のウェルカムボードです。
レトロなデザインのトランクを用意し、その内側に飾り付けをします。当日は、このトランクを開けた状態で飾りましょう。
モノクロの写真を貼れば、さらにレトロな雰囲気を演出できます。イスを使ったウェルカムボードと同様に、英字新聞を貼り付けても良いでしょう。
思い出に残る印象的なウェルカムボードとなるはずです。


【5】デジタルフォトフレームで最先端ウェルカムボード
少し変わったアイテムを導入することで、ゲストの関心をひくことができます。
例えば、デジタルフォトフレームを使ったウェルカムボードです。作業も簡単なデジタルフォトフレームは、忙しいカップルに最適なアイテムといえるでしょう。
自分たちで写真を選び、後は額縁や受け付けのテーブルにお花などで装飾を施すだけです。また、動画でゲストの皆さんに感謝の気持ちを述べたメッセージを取り入れることもできます。
結婚式はゲストの方に感謝する場でもあるため、大変喜ばれる演出になるでしょう。

手作りウェルカムボードのアイデアを5つご紹介しました。
手作りのウェルカムボードは大変な作業が少なくありません。
しかし、一緒にウェディングアイテムを制作することで、結婚式がより思い出深いものになり、さらに2人の絆も深まることでしょう。
何年経っても見返したくなるウェディングボードを手作りしてみてください。



>>マメ知識一覧はコチラ