ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >結婚式の下準備>これだけ押さえれば大丈夫!結婚報告のポイント〜職場への報告〜
これだけ押さえれば大丈夫!結婚報告のポイント〜職場への報告〜

双方の親に承諾をもらったら、いよいよ職場や親戚などにも結婚する旨を報告しましょう。
業務の妨げにならないよう、特に職場への報告は段取りを考えて。

職場への報告
まずは直属の上司に報告!
職場への結婚報告は仕事への影響も考慮して式の3ヵ月前までに済ませます。
まずは直属の上司に、「少しお時間をいただけますか」とクローズな場で報告する機会をいただきます。
その際、他の上司に直接自分で報告するのか、それとも直属の上司から周知してもらうかを確認しておきましょう。
結婚報告は直属の上司→先輩→同僚・後輩と情報が伝わるよう、仮に仲のよい友人には先に話してしまったとしても目上の人に情報が行き渡るまでは内密にしてもらうこと!

招待客の上限を定めてから全体に周知
結婚報告で重要なポイントが、報告する相手を式に招待する予定かどうか。
相手もそこが最も気になるはずなので、個別の報告は式に招待する人がある程度確定してからがよいでしょう。
招待する予定の人には、ぜひご参加いただきたいという気持ちを込めた一言を添えたること。
招待する予定のない方には「式は親族のみで執り行います」などと、相手を不快にさせない配慮をプラスして。

親戚は親に連絡を依頼するのも○
親戚への連絡も招待する人が確定してから。普段から親しくお付き合いしている親戚なら、自ら報告した方が喜ばれるでしょう。
遠縁の親戚への報告は親に任せても失礼にはあたりません。
友人・知人への連絡だと最近はメールやSNSでの一括情報送信が主流ですが、結婚報告は手間がかかっても個別に行うのがマナーです。



>>マメ知識一覧はコチラ