ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >ペーパーアイテム準備術>新郎新婦のプロフィールを掲載しよう!
新郎新婦のプロフィールを掲載しよう!

新郎新婦のプロフィールを掲載しよう!

席次表を作成する際、裏面には挨拶文やコース料理のメニューを記載しますが、最近はそれらに合わせて新郎新婦のプロフィールを載せることが主流となっています。
式が始まるまでの読み物としても丁度よく、新郎新婦とあまり面識のない方でも人となりを知ることができるため、会話のきっかけづくりとしても役立つプロフィール。
ここではその作成方法と掲載するテーマをご紹介します。

時系列を意識して
プロフィールには生年月日や趣味のほか、それぞれへの共通の質問を掲載します。
思いついたままに質問を並べるのではなく、「第一印象」や「好きになったきっかけ」などを最初の方にもってくる、「どんな家庭を築きたいか」といった未来像を締めの質問とするなど、時系列に沿って質問を配置することでゲストがふたりのなれそめから現在に至る過程を順を追って理解しやすくなります。

ネガティブな質問は控えめに
お互いへの質問は趣向を凝らすほどゲストに親近感を持っていただけますが、「第一印象」や「相手に直してほしいところ」といったネガティブな答えも出そうな質問の扱いにはご注意を。
当人たちのことをよく知る友人たちには好評でも、お互いの家族や親族の中には身内の欠点を暴露されることが不快という方もおられるかもしれません。
ゲストに楽しんでもらうためのユーモアは大事ですが、ご来賓や恩師など、さまざまな方がご覧になることを考慮し、書き方にも配慮しましょう。

すぐに使える!テーマ一覧
■自分のこと

すべてを載せるのではなく、3~5項目をピックアップすること。
「好きな○○」「苦手な○○」は「好きなもの」と幅広い質問にしてもよいですし、映画や本、お酒の銘柄など、ジャンルを絞れば新郎新婦が何に対して関心が強いのかをアピールするポイントにもなります。

生年月日
星座
血液型
出身地
趣味
特技
性格
マイブーム
好きな○○
苦手な○○
座右の銘
尊敬する人物

■相手に対して

こちらも3~5項目に絞って回答を。
あれもこれもとよくばって掲載すると、おのろけ色が強く出過ぎてしまいます。
質問によってはは長く語りたくなるものもあるかもしれませんが、読み手のことを考慮しできるだけ簡潔に書きましょう。

第一印象
好きなところ
好きになったきっかけ
結婚の決め手
思い出のデート場所
思い出のプレゼント
思い出のエピソード
相手の呼び名
相手を動物にたとえると?
相手のウィークポイント
相手の意外な一面
相手の機嫌を直すには?
相手に秘密にしてたこと
相手にかなわないと思うこと

■まとめとなる項目

最後に「どんな家庭にしたいか」といった未来へのビジョン、伴侶との約束を加えると流れに締まりができます。
また、ゲストに対して歓迎の気持ちを込めたひとことを添えるのもおすすめです。

相手への感謝の言葉
これからの夢
どんな家庭にしたい?
これだけは約束して!
ゲストにひとこと

写真やイラストも使って見映えよく

プロフィール面に写真や手描きの似顔絵などを挿入すると、見た目も華やかになります。
家族や親戚にとっては懐かしさ、その他のゲストには新郎新婦の意外な一面を見せることのできる子供の頃の写真を使用するのもよいでしょう。
プロフィールは作り手の遊び心を発揮できるコンテンツです。
ゲストに親しみを感じていただけるよう、読んでいて楽しいと思えるよう内容を心がけて。

>>マメ知識一覧はコチラ