ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >結婚式のマメ知識>若者を中心にいま人気の人前式
若者を中心にいま人気の人前式

若者を中心にいま人気の人前式

キリスト教や神道などの結婚を神に誓うスタイルに対し、家族や親族、親しい友人などのゲストを証人として結婚の誓いを立てるスタイルが「人前式」。
“じんぜんしき”と読みますが、神前式が“しんぜんしき”と近い読みのため、違いがわかりやすいよう“ひとまえしき”と呼ばれることもあります。
レストランを借り切ってアットホームなパーティ風にしたり、美しい庭園開放感あふれる屋外ウエディングにしたりとアイデアも自由!
オリジナリティの高い、こだわりの結婚式を演出することができます。
人前式のメリット、デメリット
 式のスタイルや進行もすべて自由に設定できるため若い世代を中心に広まりつつある人前式ですが、その最も大きな魅力はリーズナブルに挙式ができること。
儀式の司式者(神主・牧師など)が必要ないためその費用がかからないだけでなく、会場にレストランなどを利用して節約することもできます。
 ただ、式順がほぼ固定の神前式に対し、人前式は何を行うかも自分たちで企画・準備する必要があります。
したがって、「こういう結婚式にしたい」という思い入れがないと中途半端な内容になってしまうことも…。
また、人前式ならではのアットホームな雰囲気は長所でもありますが、格式ある結婚式になじみ深いご年配の方は若干抵抗があるかもしれません。
結婚式に友人だけでなく親族も招待する場合、お互いの親も交えて人前式でよいかどうか話し合っておくと安心です。

人前式ならではの特徴
 基本的に人前式には決まりごとはありませんが、ゲストに結婚の誓いをたてるわけですから新郎新婦の誓いの言葉は重要です。
キリスト教の誓いの言葉をベースに考えてもよいでしょうし、自分らしさを重視したオリジナルでも構いません。
また、ふたりの結婚を拍手などによってゲストに承認していただく機会を式の中に設けます。
 そのほか、受付の際ゲストに「結婚証明書」に署名をしてもらい、ふたりの結婚の証人となった証として式中で披露することが多いようです。
海外には木の幹のみが描かれた台紙にゲストが指紋捺印・署名をする「ウエディングツリー」と呼ばれるゲストブックがあり、これを結婚証明書として利用するケースも増えています。

式の内容の決め方
 いくら式の内容が自由といっても、何のノウハウもなしを考えるのは難しいもの。
友人・知人が人前式を行ってらっしゃればそのときのプログラムを参考にできますが、知り合いのケースだけでの情報収集には限度があります。
そこで役立つのがインターネットを使った情報収集。さまざまなアイデアを参考にできますし、そこからさらに素敵なアイデアが生まれるかもしれません。
 なお、自分たちでプログラムや演出を計画・手配するのが人前式の節約ポイントではありますが、多少の出費は気にしないというのであればウエディングプランナーに相談してみるという手も。
多くのウエディングを手がけているプロだけに、演出やその費用も具体的に提案してもらえるでしょう。

人気の演出例

・ダズンローズ
「12本の薔薇」という意味を持つセレモニー。
12本の薔薇はそれぞれ、感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠を表しているといわれます。
ゲストの代表者に薔薇の花を持ってもらい、先に入場する新郎がそれらを集めてブーケにします。
ブーケが完成したところで新婦が入場。差し出すブーケにプロポーズの言葉を添え、新郎から新婦へのプロポーズを再現するというものです。

・リングリレー
結婚指輪の交換の際に、ゲスト全員が参加して指輪をリングピローへ運ぶという演出。
ゲスト全員の席に沿ってリボンを渡し、新郎のリングは新郎関係者、新婦のリングは新婦の関係者がリレー形式で指輪を運びます。
指輪がどこを通過しているかわかりやすいよう、指輪にヘリウム入りの風船を付けるのもアリ。
リレーに時間がかかり過ぎて指輪交換までの時間が間延びしないよう、準備とリレーを短時間で行えるようにするのがポイントです。

・結婚の承認
通常は結婚の承認としてゲストに拍手をいただくことが多いですが、あらかじめ用意したクラッカーを全員に配っておき、音だけでなく華やかに式場を彩る演出も。
また、拍手のかわりに一斉にバブルシャワーを飛ばしたり、ハンドベルを鳴らしたりといったアレンジも可能です。

>>マメ知識一覧はコチラ