ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> > オリジナルウェディングの流行

お役立ちコンテンツ
オリジナルウェディングの流行

皆さんは本当のオリジナルウェディングってどんなものかご存じですか?

今流行のレストランでするのがオリジナル?海外ウェディングがオリジナル?

どんなカタチがオリジナルウェディングだとお感じですか?

オリジナルウェディングにせよ、ホテルウェディング、パッケージウェディングにせよ、まず一番大切なことは結婚式、披露宴は誰のために、何のためにするのかということです。オリジナルウェディングは招待客の方々に二人らしさを表現した自分たちサイズのウェディング、つまり自分たちの結婚式をどれだけ真剣に考えそれをどれだけゲストに表現できるかにつきるということです。

人にそれぞれ個性があるように、結婚式のスタイルも千差万別色々あって当然です。しかしながら、現代は時間に追われ自分たちで考える時間がない人たちが多いのも事実です。そのような人たちはホテルなどのパックプランに申し込まれ、お決まりのパターンの進行表に沿った結婚式を挙げる方たちです。これを自分流だと考えれば、それがオリジナルウェディングでしょうし、食事にだけはこだわりたいとレストランウェディングに決める方もそれもオリジナルウェディングでしょう。このこだわり、自分たちサイズというのがオリジナルウェディングの原点です。

たとえば、最近はウェディングコーディネータやプランナーが認知されてきましたが、自分たちのこだわりが強ければ強いほどお決まりのプランでは対応できないことが多くなってきます。ホテルでは持ち込みの制限があるところも未だに多くありますし、演出も制限されたりすることがあります。そのお二人のわがままを現実に計画実行するのがコーディネイターやプランナーと呼ばれる人たちです。彼らはお二人の希望に添った会場、ドレス、演出、装飾、予算等々全てにおいてプランニングしてくれます。ですが勘違いしてほしくないことは、何をするか、どうしたいかはお二人が決めるということです。それをお手伝いする(現実化する)のがコーディネイターやプランナーであるということです。

皆さんには自分たちで決定し、自分たちでプロデュースする意志をもって取り組んで頂きたいと思います。また何よりも招待客の皆さんにどうキモチを伝えるか。これを真剣に考え、真のオリジナルウェディングを成功させていただきたいと思います。


〈オリジナルウェディング13こだわり〉

  1. 披露宴演出
    おもてなしを一番に考えオリジナルティ溢れる演出企画を。
  2. テーブルコーディネイト
    自分たちのテーマカラーを決め会場をセンスよくコーディネイト。
  3. 衣 装
    気に入ったものが見つかるまであきらめないで。テーマカラーも意識して。
  4. 招待状
    個性をアピールできるデザインをチョイス。また、どんな披露宴になるかを予感させる重要アイテム。
  5. 写 真
    表情のある、想い出に残るものを。一生物です。前取りもいいけれどスナップもおすすめです。

  6. テーブルとのカラーコーディネイトを意識しお気に入りの花屋さんに お願いするのも良い。
  7. 音 楽
    こだわりの曲は必ず2〜3曲チョイス。音楽が披露宴のカタチを左右します。
  8. ヘア&メイク
    衣装とマッチしたセンスあるヘアメイク、ナチュラルが主流。
  9. 司 会
    オリジナルウェディングを成功する上で最も重要だと思われます。十分に打ち合わせが出来、理解してくれる人を。
  10. 料 理
    招待客に十分満足していただけるように。必ず試食はしたほうが良いです。(当日と味が違うことがままありますが)
  11. 引出物・引菓子
    招待客に喜んでいただけるもの。遠方から来ていらっしゃる方には荷物にならないよう小さい物を用意するなど、細かい配慮を。
  12. 料 金
    予算に応じ必要な物、不必要な物、お金をかけるべきところ、そうでないところを二人で明確に決める。無駄なことはしないように。
  13. ゲストをもてなすキモチ
    これなくしてオリジナルウェディングはありえません。

>>マメ知識一覧はコチラ