ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >結婚式のマメ知識>海外からも注目!?神前結婚式早わかり
海外からも注目!?神前結婚式早わかり

海外からも注目!?神前結婚式早わかり
神前結婚式は日本古来の民族的宗教「神道」に基づき、神社に祀られた神様に結婚の誓いを立てる結婚式。
格式ある儀礼に則った和のスタイルは、近年海外からも脚光を浴びています。
それでは神前結婚式とはどんなものなのか、その成り立ちから紐解いてみましょう。

大正天皇の結婚式を機に広く普及
神前式の挙式は日本古来より行われてきたように思われがちですが、現在のスタイルとして定着したのはなんと100年と少し前の1900(明治33)年。
大正天皇の結婚式が宮中の賢所(かしこどころ)で行われたことをきっかけに、国民の間でも神前式による挙式を望む気運が高まりました。
これに応じて東京の神宮奉賛会(現東京大神宮)が民間で行う神前式の様式を定め、翌年の1901(明治34)年に模擬結婚式を開催。
その後様式の改良や普及活動を経て定着したといわれています。

会場は神社じゃなくてもよい?
ホテルや結婚式場で神前式が執り行われているように、必ずしも神社の中で挙式する必要はありません。
これはホテルや式場が提携する神社から御祀神を分霊し、お祀りしているから。
末永く幸せな結婚生活が送れるよう、縁結びの神様が祀られていることが多いようです。

神前式の衣裳について
神前式は和装のイメージが強いですが、実はゲストはもちろん新郎新婦も必ず和装で臨む必要はないのです。
しかし実際のところ、雰囲気を重視するためか和装で挙式する割合が圧倒的。男性は五つ紋付羽織袴に白足袋、白草履が定番です。
対して花嫁衣裳には大きく分けて3パターンがあります。

綿帽子が合わせられるのは白無垢だけ!
打掛(最も上に掛ける着物)、掛下(打掛の下に着る振袖)、その他の小物も白で統一する、最も格式が高いとされる花嫁衣裳です。
ふわりとしたラインが優雅な「綿帽子」は、この白無垢だけに合わせられる被り物。
神前式の花嫁衣裳といえばこれをイメージする方も多いでしょう。

華やかな印象を与える色打掛
小袖の上にもう一枚同じ形の衣を羽織るスタイルで、室町時代から武家の女性が婚礼の礼装としてきた由緒ある花嫁衣裳です。
色鮮やかで華やぎがあるため、挙式は白無垢、披露宴は色打掛といった使われ方もしますが、色打掛を挙式に利用することも可能。その場合、角隠しを合わせるのが通例です。

落ち着きある礼装なら引き振袖
おはしょりあまりとらずに、裾を引いた振袖のことで、「おひきずり」とも呼ばれます。
本来、挙式に着ることができるのは黒地の引き振袖「黒引き」のみですが、最近は白地の引き振袖で式に臨む花嫁もおられます。

和装にあわせる髪型、被り物は?
和装に合わせる髪型としては、最もポピュラーなものが「文金高島田」。
江戸時代に流行した未婚女性の髪型「島田髷(まげ)」が花嫁の髪結いとして定着したもので、現代では実際に結うよりも手軽なかつらを利用します。
文金高島田の結い髪にかぶるのが、前述の「綿帽子」と「角隠し」。
角隠しは「角を隠して従順さを示す」姿勢を形にしたもので、白無垢・色打掛・引き振袖どれにでも合わせられます。
綿帽子は本来白無垢ににしか合わせられない装いでしたが、最近は希望が多いためか色打掛に綿帽子を合わせるケースもあるようです。
また、最近は文金高島田ではない和髪に結ったり、引き振袖に洋髪をあしらうようなスタイルも見られます。

悔いの残らない衣裳選びを
結婚式は女性にとって大切な晴れ舞台。
「やっぱりあの衣裳の方がよかった」と後悔することがないよう、親の意見も交えてじっくり選びましょう。
披露宴のお色直しでどうしても着たいものに着替えるのもありですが、そこは予算にあわせて上手に利用したいものです。

後編では神前式の段取りを押さえます!

>>マメ知識一覧はコチラ