ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレットオリジナル席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >結婚式の節約術>ここで差が出る!!ウェディング節約術 ~準備編~
ここで差が出る!!ウェディング節約術 ~準備編~

あれもやりたい、これもやりたいとプランを盛り込んでいくうちに、最初の見積もりを大幅に上回ってしまいがちな結婚式の費用。
だからこそ、節約できるところは節約したいものですよね。
そこで今回は、結婚式の準備に役立つ節約法をご紹介します。

知らないと損する!?共済のブライダルプラザ
2016年現在、新婦の衣裳総額の平均は47.4万円、新郎の衣裳総額の平均は16.7万円(参考:リクルートブライダル総研 結婚トレンド調査2016)と、衣装代だけでも60万円ほどかかります。
この衣裳代を抑えるのに役立つのが、都県の共済のウエディングサービスの利用。
この恩恵を受けられるエリアは限られますが、東京都や県の共済が用意しているウエディングプランを利用するのもひとつの手。
該当する都県の共済に加入できることがサービスを受けられる条件となりますが、会場や衣裳が選べてかなりリーズナブルなプランが用意されています。

共済にウエディングサービスのある都県

■宮城県
オンリーワンウェディング
http://miyagi-kenminkyosai.jp/wedding/index.html
おもてなしプラン(39名様)が999,000円(税込 挙式料・介添人・披露宴会場費・親族控室・音響照明料・婚礼和洋折衷料理・フリードリンク・新郎新婦衣裳・衣裳小物・メインテーブル装花・ゲストテーブル装花・新郎新婦衣裳着付代・新婦ヘアメイク代・六つ切写真〈2ポーズ〉・テーブルクロス&ナプキン代を含む)。

■栃木県
栃木県民共済ブライダルプラザ
http://www.tochigikenminkyosai.or.jp/bridal/
ウエディングドレスが26,667円、打掛が33.333円、タキシード・紋付が14,286円からレンタル可能(税別)。ゲスト用の衣装もレンタル可。

■群馬県
群馬県民共済
http://www.gunmakenminkyosai.or.jp/isyo/
衣裳一式(一点)を新婦40,000円、新郎10,000円でレンタル可能(税別)

■埼玉県
埼玉県民共済ブライダルセンター
http://www.saitama-kyosai.or.jp/bridal/
70名様でのモデルプラン総額が1,235,660円(税別 記念品1,500円・装花類A・生花ブーケ13,400円を選択した場合)
基本各種ウエディングプランでの利用となるが、新郎新婦の衣裳は何点利用しても、あわせて50,000円(ハイグレード・雅シリーズおよび2次会衣装は別料金)。

■東京都
都民共済ブライダルプラザ
http://tomin.jp/lp/index.html
都民共済に加入していれば、18,000円(税別)からドレスのレンタルが可能。和装や進路衣装のレンタルも。
30名様からの利用で695,238円(税別 挙式+披露宴)。相談・お見積もりは共済未加入でも申込可能。

■神奈川県
メルヴェーユ ブライダルサロン
http://www.kenminkyosai-ms.co.jp/merveille/index.html
基本各種ウエディングプランでの利用。
ジューンブライドプランが30名様からの利用で598,000円(税別 挙式料・お料理〈基本メニュー〉・フリードリンク・ウエルカムドリンク・ウエディングケーキ・介添料・親族控室・来賓控室・音響照明費・サービス料・ウエディングドレス&タキシード各1点を含む 1名様追加料金12,900円〈税別〉)。

■広島県
県民共済ブライダルサロン
http://hiroshima-kyosai.biz/tokuten/bridal/
30名様からの利用で挙式+披露宴が1,027,176円(消費税・サービス料込)。

ゲストの目に入る場所の装花はゴージャスに
2016年首都圏の会場装花の費用の平均は19.1万円(参考:リクルートブライダル総研 結婚トレンド調査2016報告書)。
メインテーブルやゲストテーブルはもちろん、ブーケやエントランスの飾りと豪華にしようとすればするほど出費がかさみます。
だからこそ節約できるところは節約したいところ。
ポイントは、ゲストの目につきやすい場所はある程度お金をかけ、そうでないところは節約すること。
ゲストテーブルは高さのある装花だと高砂が見えにくくなる場合もありますし、お料理が並べばそちらに関心が向きますので、そこまで派手に飾る必要はないでしょう。
ただし、一輪挿しではあまりにも寂しく見えますので、ビビッドな色合いの花でアクセントを付けて。
テーブルライナーを使ってアクセントをつけるのもおすすめです。
エントランスなどは装花を使うと華やかになりますが、基本的には通り過ぎるだけなので節約してもよいでしょう。
かわりに手づくりのウェルカムボードなどを用意して人目を惹き付けるのもグッド。
メインテーブルはゲスト全員の目に入る場所なのできっちりお金をかけて。
注意したいのが、あまりに華やかにしすぎるとせっかくの花嫁衣裳が目立たなくなってしまいますので、オレンジやピンクなどの淡い色使いでにぎやかに彩ったほうがドレスが引き立つでしょう。
生花を使うとどうしても費用がかかりますので、生花の中に造花を混ぜてボリュームを出す、という方法もありますが、照明の当たりやすいメインテーブルは違和感が気になってしまうことも…。
目立たない場所に使う、造花の割合を抑えるといった工夫を。

ブーケは持ち込みできるか確認を
ブーケを式場で用意すると高額になりますが、外部の花屋で作ってもらうと費用を抑えられます。
装花は持ち込み費用がかかっても、ブーケなら持ち込みOKという場合がありますので、式場に問い合わせてみてもよいでしょう。
もちろん、ブーケを自作するのも節約になります。
手づくりブーケのレシピ本などもありますので、こだわりのオリジナルブーケで素敵に演出してみては?

引出物はカタログギフトでスマートに
式場で用意する引出物は割高ですし、かといって外部で購入したものを持ち込む場合も、持込料を加えるとあまり変わらなくなることもあります。
お見送りの際は引き菓子のみをお渡しして、カタログギフトをゲスト宅へ贈るという手も。
ゲストが引出物を持ったまま町中をウロウロといったことも避けられますし、選べるギフトなら引出物が趣味に合わなかったなんてこともありません。

引き菓子を自分で用意するときの注意
お見送りの際に渡す引き菓子も節約ポイントのひとつ。
しかし、いくらお菓子づくりが得意だとしても、お菓子を自作するのは衛生的にオススメできません。
焼き菓子はともかく、生菓子は日持ちがしませんし、想定した期間内に召し上がってもらえるとは限らないからです。
そんなときは、焼き菓子のまとめ売りを購入し、自分で包装してしまうのもひとつの手。まとめ売りのお菓子は値引率が高く、個別に購入するよりかなりお得です。
ラッピングも自分好みにアレンジできるので、こだわり派の方にもオススメです。

>>マメ知識一覧はコチラ