ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> > 結婚式・披露宴当日の受付
結婚式・披露宴当日の受付

結婚式・披露宴当日の受付---新郎新婦がやっておくべきこと---

受付は、ゲストを迎えて芳名帳に名前を書いてもらい、ご祝儀を受け取り、席次表などを渡します。

今回は新郎新婦側が準備しておくべきことについて説明します。
受付は通常、結婚式や披露宴の招待状を郵送する前(大体2〜3ヶ月前)に新郎新婦側のゲストから1~2名ずつ依頼をします。

たいていの場合は、会社の同僚か、学生時代の友人などにお願いします。
電話や直接お願いした後、正式な招待状に受付をお願いする旨の「付箋」を招待状に同封しましょう。

受付係にぴったりの人柄は?

人当たりの良い方
受付係には両家の顔として、結婚式にお招きする大切なゲストを新郎新婦に代わっておもてなしをしていただきます。

当日はゲストにより気持ちよく過ごしていただけるよう、物腰が柔らかく、明るく好感の持てる方。また、何より笑顔が素敵な方にお願いしましょう。
フットワークの軽い人
当日受付係は、通常のゲストより15分~30分ほど早く会場にお越しいただく場合があります。

遠方の方やお子様連れの方にはより負担をかけてしまうこともあるので、できるだけ避けるようにしましょう。

また、当日は他のゲストへの言付けなどを受付係の人にお願いする場合もあります。

そのため、フットワークが軽く、とっさの判断ができ、色々とお願いしやすい友人などがいいでしょう。
目上の方は失礼に当たるので、避けるようにしましょう。

責任感があり、信頼できる方
受付では、お車代をお渡ししたり、ご祝儀を預かったりと、お金を扱う仕事になります。

さらに、結婚式場には不特定多数の人が出入りするため、ご祝儀泥棒などのトラブルも少なくありません。

そのため、受付係は責任感が強く、新郎新婦の信頼のおける方。また、出席者と知り合いの多い方を選びましょう。

例えば、学生時代の友人中心の結婚式であれば、学生時代の友人を。職場関係の方が中心の結婚式であれば、職場の友人を中心にお願いするといいでしょう。

披露宴で始めの挨拶や乾杯の音頭を取って頂く主賓の方々には、この日のためにわざわざ来て下さったこと、お役目を引受けて下さった感謝の気持ちを表すひとつとして、受付でお車代、心づけをお渡しすることがあります。

又、遠方からはるばる駆けつけて下さったゲストにも、お車代をお渡しすることがありますので、事前に確認しておきましょう。

ご祝儀はどのように集め、最終的に誰にいつ渡すかを決めます。漏れのないようにしっかり伝えましょう。

受付係をしてくれた人へのお礼はどうする?
受付をしてくれた友人には、現金でお礼をしないのがマナーです。

受付係には、3,000円~5,000円位の商品券、もしくは金額相当の商品を贈ると良いでしょう。

商品券の場合は、紅白結びきりのご祝儀袋を使います。
表書きに「御礼」「寿」と記し、お礼の気持ちをお伝えしましょう。

当日お礼を渡す場合は、新郎母か新婦母に頼み、受付前か披露宴中に渡してもらうのが良いでしょう。

それが難しいようであれば事前にプランナーにベストなタイミングと渡す人を相談しましょう。

また、親しい友人であれば、新婚旅行のおみやげで少し贅沢なものを購入し、落ち着いたら新居に招くことでも感謝の気持ちが十分伝わります。

参考/結婚準備室

>>マメ知識一覧はコチラ