ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >招待状の宛名書き
招待状の宛名書き

結婚式招待状の宛名の書き方

<格の高い順>
毛筆の手書き→美しい印字→味のある手書き

宛名を縦書き(横書き)にする場合は、差出人も縦書き(横書き)とし、招待状の差出人と封筒の差出人は同じにします。

毛筆の手書きが正式なマナーです。

ただ、最近は、チャペルでの教会式やレストランウェディングなども増え、毛筆ではなくペン書きや印刷にする方も増えています。

味のある手書きは二次会の案内状やメッセージカードの一言挨拶に使用すると良いでしょう。


<基本形>
住所は名前よりも小さめに書きましょう。

職場で手渡しする場合は、住所は書かずに勤務先名や役職名、宛名のみでOK。

<上司ご夫婦を招待する場合>
「令夫人」と添えるのが基本。

(このあとに「様」ををつけると二重敬称になるのでご注意ください)

※最近では「名前を書いてほしい」と言う方も多いので、迷ったら上司に尋ねてみると良いでしょう。

<友人や親族夫婦の場合>
友人や親族をご夫婦で招待する場合、宛名は連名にします。
ご夫婦どちらの名前にも必ず「様」をつけましょう。

<お子さま連れの場合>
子どもは親と連名で、小学校低学年くらいまでは「くん」または「ちゃん」をつけましょう。

子どもの人数が多い場合は親の名前の下に「ご家族様」と添えます。


>>マメ知識一覧はコチラ