ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >結婚式には欠かせない!ウェディングブーケの種類と選び方
結婚式には欠かせない!ウェディングブーケの種類と選び方

結婚式には欠かせない!ウェディングブーケの種類と選び方

結婚式の準備は、思った以上に忙しいものです。特に新婦が身につけるドレスやブーケ選びには、多くの時間がかかります。
そこで今回はウェディングブーケに注目し、その種類と選び方のポイントをご紹介していきます。
一生に一度の結婚式。ドレスにぴったりの素敵なブーケを選びましょう。

♥ウェディングブーケの種類♥
【1】キャスケード
キャスケード キャスケードは、滝が流れている様子を彷彿とさせる逆三角形のブーケです。
ブーケの定番とされており、下半身にボリュームがあるウェディングドレスによく合います。
キャスケードに使われる花としては、バラやカサブランカが挙げられ、どちらもオールシーズン入手可能な点が魅力です。
3〜11月に旬を迎える、トルコキキョウも人気があります。


【2】ラウンド
ラウンドタイプは、花嫁から根強い人気を集めるオーソドックスなブーケです。
丸いドーム型が特徴的なフォルムのラウンドブーケは、どのようなタイプのドレスにも合わせやすく、ブーケに使用する花の種類によって雰囲気を大きく変化させることができる点も魅力でしょう。
花はいつでも入手できるカサブランカをはじめとして、4〜5月が旬のシャクヤク、3〜11月が旬のトルコキキョウなどを使うことが多いです。

【3】ティアドロップ
ティアドロップは、キャスケードとラウンドの両方の要素を取り入れたブーケです。
キャスケードよりも小ぶりで丸みを帯びている点がラウンドと似ており、可愛らしい雰囲気を演出してくれます。
先端部分がシャープになっており、涙のしずくのように見えることからティアドロップと名付けられました。
このタイプのブーケは、すっきりしたシンプルなデザインのドレスによく映えます。

【4】クラッチ
クラッチ 「掴む」という意味のあるクラッチは、花をシンプルに束ねたシンプルなブーケです。
自然を意識したガーデンウェディングに用いられることが多く、ナチュラルな印象を与えるブーケとなっています。
使用する花は1〜4月が旬のラナンキュラスや、4〜5月が旬のシャクヤク、そして10〜3月頃が旬となるチューリップなどを使用することが多いです。


【5】アーム
クラッチと似たタイプで、花の茎を長く伸ばしたまま束ねたブーケをアームと呼びます。
スタイリッシュなイメージのブーケで、マーメイドラインやシャープなドレスにマッチします。
使用する花は定番のカサブランカやカラー、ヒマワリなどで、大ぶりな花を使うとダイナミックなブーケになります。

【6】バッグ
さまざまな種類の花をふんだんに使って作られたバッグ型ブーケは、レストランウェディングなどで人気を集めています。
花はオールシーズン入手可能なガーベラ、スカビオサ、レースフラワーなどで構成されたものが主流です。
バッグ型のブーケは、衣装にインパクトを加えたいときにピッタリのブーケと言えるでしょう。

♥ブーケの選び方♥
【ブーケの選び方1】ドレスとの相性をチェック
ブーケの選び方1 Aラインのシンプルなドレスに合わせるなら、キャスケードブーケを合わせて豪華さを演出してみてはいかがでしょうか。
ラウンドブーケでドレスの綺麗なラインを際立たせるのも良いでしょう。

胸元とお腹まわりがふんわりした、エンパイアラインのドレスなら、ウエストラインにブーケでアクセントを付けると良いでしょう。
クラッチブーケで可愛らしさを添えるのはもちろん、アームブーケで個性を出すのも素敵です。

お姫様のような、ドレスの下部にボリュームのあるプリンセスラインのドレスなら、長さのあるブーケがぴったりです。
キャスケード、またはティアドロップブーケでバランスを取りましょう。

細身のマーメイドラインのドレスなら、アームブーケでエレガントさを演出すると良いでしょう。
ドレスのラインがより美しく映えます。

【ブーケの選び方2】季節感を出す
ウェディングブーケに使用する花を選ぶ際は、結婚式を挙げる季節に合わせたものを使うことがポイントです。
春なら、ラナンキュラスやチューリップ、すずらんなどを取り入れると春らしい季節感が出ます。
桜を使って個性的なブーケを持つのも素敵です。また、パステル調のカラーにまとめると春らしいブーケになります。
夏ならランやヒマワリなど、大きめの花を使うとインパクトのあるブーケになります。ジャスミンやラベンダーなど、可愛らしい花を使って清涼感を出すのも良いでしょう。
秋はパープルやブラウン系の花を選ぶとシックで落ち着いた秋らしさを表すことができます。チョコレートコスモスや木の実を使ったブーケも季節感を演出してくれるでしょう。和装の場合には、紅葉を使うアイデアもあります。
冬なら、クリスマスをイメージしたブーケがよく似合います。赤と白のポインセチアを混ぜたクリスマスカラーのブーケや、クリスマスローズを使うと良いでしょう。


結婚式で使うウェディングブーケの種類と選び方をご紹介しました。
最近はブーケの種類も増えており、希望に合わせてオリジナルで作ってもらえる場合が多いです。ドレスのラインや季節感を意識して、理想のブーケを選びましょう。



>>マメ知識一覧はコチラ