ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >オーダー品購入とレンタルはどっちがお得?ウェディングドレスの賢い選び方
オーダー品購入とレンタルはどっちがお得?ウェディングドレスの賢い選び方

結婚式の準備の中で、花嫁が最も悩むポイントはウェディングドレス選びではないでしょうか。
レンタルにするか購入するか、どちらにするかで迷っている方は多いと思います。
そこで今回は、ウェディングドレスをレンタルした場合と購入した場合の違いについてご紹介したいと思います。
双方のメリットを知った上で、納得のいくドレスを選んで下さい。

《レンタルのお得ポイント》

【1】リーズナブルな価格
リーズナブルな価格 ウェディングドレスをレンタルした場合の最大のメリットは、やはり価格の安さでしょう。
一般的にレンタルウェディングドレスの場合、平均的に15〜25万円程度が相場となっているようです。
しかし中には5万円未満で借りられる、非常にリーズナブルなウェディングドレスを揃えているお店もあります。
また、ハイブランドのウェディングドレスをオーダーで購入するとなると、100万円以上かかることがあります。
しかしレンタルの場合、高価なブランドドレスを格安で着ることができるのです。
さらに、着用後のドレスはそのまま返却するだけという仕組みのお店が多い点も嬉しいメリットです。
クリーニングの手間と費用がかからない上、保管場所に困ることもありません。

【2】状態が悪いものは少ない
レンタルドレスと聞くと、何度も着回して古びたドレスをイメージする方も多いのではないでしょうか。
しかし最近では、数回レンタルしたドレスは廃棄や中古品に回す場合も少なくありません。
そのためレンタルであっても汚れが目立つ、生地が傷んでいるといった状態の悪いドレスはほとんどありません。
また高級ブランドのドレスの場合、レンタルに出す回数は最多でも3〜4回程度と決まっているお店もあります。
そのため新品に劣らないキレイなドレスを手頃な値段でレンタルできる点がメリットと言えるでしょう。

【3】サイズ直しやアレンジができることも
さまざまなタイプのドレスが選べる レンタルのウェディングドレスは、自分の体型に合ったものが見つかりにくいというイメージがあるかもしれません。
しかし最近では、サイズ直し・アレンジなどをサービスしてくれるお店も多いです。
気に入ったドレスのサイズが自分に合わない場合でも、追加料金を支払えばピッタリサイズにお直してくれるのです。
ドレスの裾、袖口など、比較的直しやすい箇所であれば大抵のレンタル店で対応してくれます。
ただしお腹まわりや胸元など、大幅に手直しが必要になる箇所は対応してくれない場合があるため注意が必要です。

《購入のお得ポイント》
【1】リメイクして何度でも着られる
ウェディングドレスを購入した場合は、結婚式が終了した後にリメイクして違うドレスにアレンジすることができます。
パーティー用のドレスや、自分の子ども用のドレスなど、かさばるウェディングドレスをコンパクトにリメイクすることも可能です。
オーダーメイドのウェディングドレスは、レンタルのウェディングドレスと比較した場合、料金相場は高めとなっています。
格安のものでも20〜30万円はかかる上に、有名ブランドのドレスの場合には100万円以上かかるものもあります。
しかし、リメイクして長く着用するのであれば話は別です。思い出の品として手元に保管しておける点も大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

【2】セミオーダーなら価格を抑えられる
オーダーメイドのウェディングドレスを扱うお店の中には、セミオーダーという制度を取り入れているところもあります。
セミオーダーとは、既成のデザインのドレスを花嫁のサイズに合わせて制作するものです。
そのためフルオーダーに比べるとリーズナブルな価格で自分に合ったウェディングドレスを作ることができます。

【3】さまざまなタイプのドレスが選べる
さまざまなタイプのドレスが選べる オーダーメイドでウェディングドレスを購入する場合、さまざまなタイプのドレスから自由に選べるメリットがあります。
高額ではありますが、自分だけのドレスが手に入る喜びには変えられません。
レンタルと違って制約なく自分好みのドレスを選べるため、ウェディングドレスに強いこだわりをお持ちの場合には購入をおすすめします。


ウェディングドレスをレンタルした場合とオーダー購入した場合のメリットをご紹介してきました。
どちらがお得かの判断はそれぞれの価値観次第です。これらの情報を参考にして、理想のウェディングドレスを選びましょう。



>>マメ知識一覧はコチラ