ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >一番きれいな私で迎えたい!結婚式に向けたブライダルエステの効果と相場
結婚式の招待状の送り方・送る時期は?知っておくべき招待状の発送マナー

結婚式の招待状の送り方・送る時期は?知っておくべき招待状の発送マナー

結婚式にまつわるマナーは多岐にわたりますが、招待状に関するマナーはそのファーストステップです。
これから式を控えているカップルは、招待状の基本的なルールを押さえておきましょう。
今回は招待状の送り方や送る時期、送る際のマナーについてご紹介します。

【招待状の送り方】手渡しまたは郵送
【招待状の送り方】手渡しまたは郵送 結婚式に招きたい相手には手渡し、または郵送で招待状を届けます。
特別な対応が必要な相手や普段から親交の深い人には、直接挨拶をしながら招待状を渡すことをおすすめします。
例えば、祝辞をお願いしたい人や親戚、仲の良い友人、職場の人たちなどです。遠方に住んでいる友達など、日頃会う機会が少ない人たちには郵送で届けます。
また、招待する人数がそれほど多くない場合は、招待状を送付する前に結婚式への参加について打診をしておくことが望ましいです。
電話やメールで「○月□日に結婚式を行います。ご出席いただけますか?」などといった内容で事前に確認を入れておくと、突然結婚の報告を封書で知らせるよりも丁寧な対応になります。


【招待状を送る時期】結婚式の2〜3ヶ月前を目安に
【招待状を送る時期】結婚式の2〜3ヶ月前を目安に 結婚式の招待状を送るタイミングは、早過ぎても遅すぎてもマナー違反になります。
ゲストの都合を考えて、予定を立てやすい2〜3ヶ月前を目安に送りましょう。発送の日付は、大安などの吉日を選ぶのが基本です。
一般的な結婚式場のスケジュールを見ても、式の2〜3ヶ月前に発送業務を行うところが多いです。そのタイミングに合わせて事前に招待状を作成しておけば、スムーズに発送することができます。
招待状はゲストの参加・不参加の意思を確認し、結婚式に集まる人数を知るためのものです。式の2ヶ月以上前であれば、万が一想定していた人数と差異が出てしまっても、多くの場合無理なく対応できます。
招待状の本文に、「恐縮ながら○月□日までにご返信賜りますと幸いです」と追記しておけばより安心でしょう。


【招待状のマナー】3つのポイント
【1】宛名書きは濃いペンで
招待状の宛名を書く際には、慶事用の黒々とした筆ペンなどを使用します。
薄墨のペンはお悔やみの際に使うもののため、色の濃さに注意してください。
手書きが一番丁寧ですが、招待客が多い場合は印刷でも問題ありません。印刷時にかすれ・汚れがないかをチェックし、送付しましょう。

【2】住所・名字に間違いがないように
ご無沙汰している相手へ招待状を送る場合、名字や住所が変わっていないか事前に確認することをおすすめします。
名字を間違えることは大変な失礼にあたり、宛先不明となってしまえば再送の手続きで本人の元へ届くまでに時間がかかってしまうためです。
加えて、名前の漢字が曖昧な場合も確認が必要です。例えば「サイトウ」という漢字は、「斉藤」、「斎藤」、「齊藤」、「齋藤」等、たくさんの種類があります。
住所についても、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、正確な部屋番号を記載する必要があります。招待状は必要な情報を正しく把握してから送付しましょう。

【3】切手は慶事用切手を
切手は慶事用切手を 招待状を郵送する場合、切手の金額に注意が必要です。
結婚式の招待状には、慶事用切手として販売されているものを使用するのが一般的です。
52円・82円・92円の3種類を招待状の重さに応じて使い分けます。招待状に同封する返信用はがきにも、慶事用切手を貼ることを忘れないように注意してください。
どの切手を貼るべきか分からない場合は、送付する前に郵便局へ招待状を1部持っていき、重さを計量してもらいましょう。


結婚式の招待状の発送マナーをご紹介しました。
慌てて発送してしまうと不備が出る恐れがあります。招待状は念入りにチェックしてから送付するように心がけましょう。



>>マメ知識一覧はコチラ