ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >結婚式のマメ知識>ご祝儀準備ための5つのポイント
ご祝儀準備ための5つのポイント

はじめてのゲスト参加者必見!ご祝儀準備ための5つのポイント

結婚式に招待されたときに悩むのがご祝儀として包む金額です。
とくにはじめてゲストとして式に出席する方は、ご祝儀相場のリサーチ不足で恥をかいてしまいがち。
そこで今回は、はじめてでも安心の祝儀の準備法をご紹介します!

1. 基本相場は3万円、身近な人には+α
地域によって多少の差はありますが、友人や知人など、それほど気をつかわなくてもよい相手へのご祝儀相場は3万円。
会社の上司や親戚など、より近しい相手へのご祝儀は5万円を目安とすればよいでしょう。
また、ご祝儀は相手との関係とともに自身の収入も加味し、余裕があれば多少上乗せします。

2. ご祝儀のキーワードは「奇数」にあり!
「割りきれない」数字にあやかり、以前は3万円、5万円…と先頭が奇数になる額を包む習慣がありました。
しかし最近は2万円や6万円といった先頭が偶数の額でもそれほど気にされなくなってきたようです。
ただし、「死」や「苦」を連想させる4万円、9万円は現代でもやはり避けるべき。
また、先頭が偶数額のご祝儀を包む際は、うち1万円を5000円札2枚にし、全体の枚数を奇数にするのがちょっと気の利いた心づかいです。


2万円:1万円札1枚と5000円札2枚の3枚
10万円:1万円札9枚と5000円札2枚の11枚

3. ご祝儀に包むお札は新札で!
ご祝儀に包むお札は、すべて汚れや折り目のない新札で用意します。
これは、「お祝いのためにあらかじめ用意していた」ことのしるしです。
新札への両替は銀行の窓口が最もポピュラーですが、銀行に設置された両替機も入金と同額の両替を選べば新札になるので便利です。
コンビニなどにあるATMは設置数が多いため利用しやすそうですが、すべてが新札とは限りません。
スーパーやコンビニのレジも確実に新札へ両替できるとは限りませんので、銀行の営業時間内に両替を済ませるのが一番でしょう。

4. うっかり当日を迎えたときの裏ワザ
当日になって新札がないことに気がついても大丈夫!
そんなときは、会場となるホテルや結婚式場の受付にお願いしてみましょう。
仕事柄、一般のお店に比べ新札の備えが多いため、両替に対応してもらえる可能性は高いです。
ただし、ゲストが皆この両替をあてにしてしまうと対応できなくなるおそれもありますので、前もって新札を用意する心がけは忘れずに!

5. お札のそろえ方にもルールがある
お札は天地をそろえ、表(人物が描かれた方)を上にして重ねます。市販の中包みに入れる場合、人物が包みの口側になるようにそろえましょう。
ちなみに、香典に包むお札は反対に裏を上にして重ねます。慶事と弔事では逆になることを覚えておくとよいでしょう。

さて、ご祝儀の準備の仕方は概ね把握できましたか?
ATMでお金を引き出したとき、余裕があればご祝儀用に保管しておくといざというときに役立ちます。
次回はご祝儀の準備にベテランでも意外と間違えやすい、のし袋の扱い方をご紹介します!

>>マメ知識一覧はコチラ