ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >ペーパーアイテム準備術>マメ知識☆結婚式のNGワード
ペーパーアイテム準備術

結婚式NGワード集

招待状の作成の項目でも触れていますが、結婚式には避けるべき言葉というものがあります。
「忌み言葉」「重ね言葉」などと言われますが、おめでたい席ではふさわしくないとされる言葉です。
最近では厳しく言う人が減ってきましたが、結婚式という場は様々な年代の方々が出席します。
比較的若い方は気にしないかもしれませんが、年配の方の中には「忌み言葉」や「重ね言葉」を嫌う方ももちろんいるはずです。
「忌み言葉」とは、例えば、離別を意味するような「別れる」や「終わる」、嫁いだ新婦が出戻ってくることを連想させるような「出る」や「帰る」、不吉な言葉の「死ぬ」や「枯れる」といった言葉です。
「重ね言葉」とは、同じ言葉、または同じ意味の言葉を重ねて用いることです。再婚や悲しい出来事の再来を連想させるような言葉は、結婚式ではNGです。
普段当たり前に使っているような言葉の中にも「忌み言葉」や「重ね言葉」はありますので、できるだけ使わないようにするという意味でも覚えておいた方が良いかもしれません。

結婚式でのスピーチや招待状では避けた方が良い言葉をまとめてみました。


【不幸、不吉な言葉】
死ぬ、仏、葬式、負ける、病む、敗れる、滅びる、壊れる、憂い、痛ましい、散る、悲しむ、嫌う、疎んじる、褪せる、九、四、 倒れる、衰える、しまう、閉じる、弔う、お釈迦、失う、苦しい、泣く、退く、弱る、つぶれる、とんだこと、とんでもない、最後、終わり、破れる、しめやかに

【夫婦の別離を連想する言葉】
別れる、嫌う、終わる、帰る、切る、失う、戻る、逃げる、出る、去る、放す、裂ける、割れる、捨てる、ほころびる、ほどける、消える、冷える、飽きる、薄い、とだえる、断る、返す、離れる、浅い

【重ね言葉】
またまた、たびたび、かえすがえす、さいさい、重ね重ね、重々、ますます、くれぐれも、いろいろ、再び、また、なおも、さらに、再度、繰り返す、皆々様

「忌み言葉」は、言い換えの例もありますので一部ご紹介します。

★終わる→お開きにする。
★帰る→中座する
★ケーキを切る→ケーキにナイフを入れる
★最後に→結びに
★仕事を離れる→家庭に入られる
★花びらが散る→花びらが舞う
★去年→昨年
★梨(「無し」に通じるので縁起が悪い)→有りの実

以上いくつか上げてみましたが、こちらにも諸説があり、同じ重ね言葉でも「ますます」のように良い意味で使われる言葉なら大丈夫だという説もあるようです。
席次表のプロフィールで「笑顔の絶えない家庭にしたい」や「相手の機嫌の直し方」や「無口な第一印象」などというフレーズを見ることがあります。
ほほえましい内容ですが厳密には「絶」「嫌」「無」は「忌み言葉」です。
このように文脈の中でどうしても使わざるを得ない場合にはそこまで厳しくチェックしないという考え方もあります。
それぞれのプランナーさんによってアドバイスも違うのでよくご相談されると良いでしょう。
誠実にスピーチを考えた時、どうしても外せない言葉もあり、言い換えると微妙なニュアンスが伝わらないという場合もありますよね。
その言葉が忌み言葉だったとしても、話の流れで必要であり、失礼でなければ、使用してもかまわないのではないでしょうか。
「忌み言葉」や「重ね言葉」を気にするあまりに、お祝いの気持ちがしっかり伝えられなくなっては本末転倒ですね。
前述したNGワード集を知識として参考にした上で、心からのお祝いの言葉で新郎新婦を祝福していただければと思います。

>>マメ知識一覧はコチラ