ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >新郎準備室>男性視点での気になる心構え
男性視点での気になる心構え

男性視点での気になる心構え
式費用だけでなくその後の生活も考えた貯蓄を
貯金 結婚して新生活が始まるまでは総額500万~600万の費用がかかるといわれています。
ただしパートナーの予算や両家の親からの援助、式のご祝儀など合わせれば負担できない金額ではありません。
男性であれば結婚式にかかる費用よりむしろそこから先の生活を見据え、子どもが出来たときの養育資金やマイホーム購入の為の生活設計などを立てていくことが大事です。


式当日までにすべきことをリストアップ
リストアップ 自分がするべきこと、相手に任せること、そして二人で進めることを一つ一つ明確にしていきましょう。
会場選びなどの重要な決め事はできるだけ二人で出かける機会や考える時間をつくること。
また自分がすべきことと相手がすべきことはリストアップしてスケジュール管理し、常に進捗を把握しておきましょう。
間違っても新婦に任せっきりにしないこと。
結婚は二人の大切なイベントなので協力してスムーズに進めていけるように男性側から促していけるように心がけると良いです。




>>マメ知識一覧はコチラ