ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >結婚式の節約術>自前で用意できるものを活用して節約!
自前で用意できるものを活用して節約!

自前で用意できるものを活用して節約!
披露宴で流すスライドショーなどは式場に頼むと意外とお金がかかるもの。
もちろんプロに依頼するわけですからクオリティは申し分ないですが、できるだけ節約したければ編集が得意な知り合いにお任せという手も。
その場合、プライベートな時間を費やしてもらうわけですから、製作期間には余裕を持って依頼すること。
また、制作のお礼として多少は心づけを用意してもよいでしょう。

式場専属カメラマン以外のプロに撮ってもらう裏ワザ
式の撮影は専属カメラマンによるオプションプランになっていて、外部のカメラマンの入場をお断りしている式場も少なくありません。
結婚式を撮り慣れているプロですからお任せすればとても安心ですが、なんとなく割高に感じてしまうもの。
そこで、式場専属カメラマン以外のプロカメラマンに撮ってもらう裏ワザをひとつ。
方法はカンタン。撮ってもらいたいカメラマンを、当日のゲストとしてご招待するのです。
最近はこうした依頼に対応してくださるプロカメラマンもおられますので、事前に打ち合わせをしておくと良いでしょう。
また、写真・動画撮影スキルのある友人・知人に当日の撮影を依頼できれば、さらに費用を節約できることも。
ただし、引き受けてくれる方は式を楽しむ間もなく撮影に奔走することになることもお忘れなく。依頼する場合は誠意を込めた心づけを。

ペーパーアイテムやプチギフトも自作ならかなり節約可能!
招待状や席次表、会場の席札といったペーパーアイテムは式場が制作を請け負うことが多いですがお任せにすると割高になりがちなもの。
これらを自作にすればかなりの節約になりますし、なにより自分らしさをアピールすることもできます。
自宅にパソコンとプリンターがあれば、ゲストのデータをもとにフリーソフトを使って制作や印刷が可能ですし、blessでも手作り用のデザインのテンプレートを準備しています。
気の利いたデザインをお望みなら制作だけプロにお任せし、印刷用のデータを受け取って自分で印刷するといった節約も可能です。
自作する場合はスケジューリングも自分で管理する必要があるので、招待状を送るタイミングを逃さないよう時間に余裕を持って取りかかって。

なお、引出物はゲストの記憶に残りやすいため、あまり節約しない方が良いかもしれません。
対して、ゲストのお見送りの際に渡すプチギフトは節約のチャンス。
プチギフトは焼菓子やハンドタオル、バスアイテムなどの小物が選ばれますが、ギフトを自分で準備したり自作したりすればその分コストカットが望めます。
お菓子づくりが得意であれば、お手製の焼菓子を袋詰めしてラッピングするだけで立派なプチギフトに!

>>マメ知識一覧はコチラ