ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >席次表を計画しよう
席次表を計画しよう

席次表の段取りは式の直前まで!?

意外と時間がかかる結婚式席次表。式の前日に徹夜で作ることを回避するには!?

招待状の戻りがきたら気になってきてしまうのは結婚式席次表ですよね。
結婚式席次表を制作するのは意外と時間がかかります。
エクセルなどのアプリケーションで管理しながら作って行くことが肝心です。
いきなりワードで席次表を作って行くと速いかもしれませんが、まずは出席の有無を管理するリスト制作をして、出席者の関係と披露宴会場のテーブルレイアウトを確認する必要があります。

結婚式場の方たちは何度も仕事で経験を積まれているのですぐ制作することができますが、テーブルレイアウトに対して出席者を合わせるとなかなか上手くいきません。
また、出席されるゲストのお名前を間違わないように校正することも大切なマナーとなります。
プロでもたまに誤植してしまいプリンターで再度出力をやり直すこともあります。
ワードの席次表データが完成したらとりあえず休憩してリフレッシュした後に普通の紙などで出力をして、一文字一文字丁寧に文字を音読していきます。
そのときに確認済みとして黄色などのペンでチェックすると間違いは減ると思います。
一番校正するのに肝心なのは、データを作成した人以外が合っているかどうかを校正することです。
なのでワードのデータだけで確認するのではなく、出席の有無を記録してあるエクセルなどのデータと照らし合わせて確認した方が良いかもしれません。
結婚式席次表を作る過程はお二人が大人のマナーや常識などを学ぶ門出のようなものです。
誤字脱字で喧嘩になってしまうこともしばしばありますから、まずはどちらがリーダーになって制作するのかをきちんと決めるところからスタートした方が良いかもしれませんね。


>>マメ知識一覧はコチラ