ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレットオリジナル席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >結婚式のオススメ演出>忘れられない一日にするための披露宴流行の演出プラス5!
忘れられない一日にするための披露宴流行の演出プラス5!

結婚式を盛り上げるために忘れてはならないのが、どんな演出を取り入れるか。
最近はサプライズを意識した演出が人気ですが、一番大切なのはゲストの皆さんに楽しんでもらうことですよね。
そこで今回は、お二人の結婚式を素敵に演出するためのアイデア第2弾をご紹介します。

1.ウェルカムドリンクはケースバイケースで

ウェルカムドリンクとは、式場を訪れたゲストにお飲み物を用意し、開宴までくつろいでいただくためのもの。
受け付け開始から開宴まではだいたい30分ほどの時間をとることが多いですが、遅れないようにと早く到着した方にとっては暇を持て余しがちですよね。
ウェルカムドリンクはそんな待ち時間のおもてなしにぴったりですが、プランにセットになっていなければ1人あたり500〜1,000円ほど予算アップになることも。また、受け付け開始から開宴までの時間が比較的短い場合、ウェルカムドリンクがかえってゲストに慌ただしさを感じさせてしまうかもしれません。
次にご紹介するウエディングツリーやエントランスに撮影コーナーを設けるなどして、ゲストが開宴まで楽しく過ごせれば問題ありませんので、ウェルカムドリンクを用意するかどうかは予算と相談してもよいでしょう。

2.ゲストの祝福を形として残せるウエディングツリー

ウエディングツリーとは、枝と幹だけの木が描かれた台紙を用意し、そこにスタンプを押したりシールを貼ったりして葉を加えていくゲスト参加型のアートボード。葉っぱの形をしたスタンプを複数用意してもいいですし、カラフルなインクパッドで着色したゲストの指先で押印してもらっても味が出ます。
また、葉っぱ以外にも色とりどりの風船や花、小鳥やハートといったアレンジを加えても◎
ゲスト全員が無理なく飾り付けや押印ができるようあらかじめ練習用の台紙で試してみて、ベストサイズのボードを用意しましょう。

3.個性的なエスコートカードで自分たちらしさを演出

前回ゲストのご案内方法としてエスコートキャンドルをご紹介しましたが、エスコートカードはそのルーツともいえる座席の情報を記したメッセージのことです。もちろんゲストが自分の席を見つけ出すのに役立てばそれでいいのですが、そこにあなたなりのアレンジを加えてみてはどうでしょう?
たとえば、カードの代わりに薄く輪切りにした木のプレートに焼き印で名入れすれば、式後もコースターとして役立つアイテムに。また、花を挿したおしゃれな小瓶にカードをぶら下げたり、香り袋やパワーストーンなどの小物をプラスするのも良いでしょう。

4.デザートブッフェには新郎新婦のおもてなしプラス!
デザートブッフェはスイーツ好きにとってはうれしい演出ですが、取りに行くために席を立つ必要があることや均等に行き渡らないこと、そもそも甘いものが苦手といった不満も出がちです。だからこそブッフェスペースへの動線やブッフェのメニューにも気配りを。対応できるかどうかは式場次第ですが、できれば甘いものだけでなくチーズやクラッカーなどのメニューも取り揃えると幅広いゲストに喜ばれます。
また、ゲスト全員に行き渡るよう、新郎新婦がデザートの取り分けを担当するのもよいでしょう。
小さなお子様やご年配の方、また遠慮がちな方にもお召し上がりいただけますし、取り分けの際にゲストとのコミュニケーションも生まれます。

5.会場の皆への感謝をエンドロールで

式の演出として、ふたりの馴れ初めをムービーにしたりすることは多いですが、最近は会場に集う皆さんに映像と音楽で感謝の気持ちを伝えるエンドロールも注目を集めています。口にすると照れくさい言葉もエンドロールならスマートに伝えられますし、式のクロージングの演出としても印象に残せます。
映画のエンドクレジットのようにゲストやスタッフのお名前を流すだけでも良いですが、友人や親族など、グループごとにメッセージを一言添えたり、仲人や余興、受付や撮影などを引き受けてくれたゲストへのねぎらいも盛り込むとより効果的。最近は式の模様を撮影した映像を編集してエンドロールに使えるサービスを備えた式場もあります。

いかがでしょうか。式中だけでなく、式前や式後にもオリジナリティあふれる演出を披露する機会がたくさんあります。以前ご紹介した演出と組み合わせて、さらに素敵な演出を準備してくださいね。

>>マメ知識一覧はコチラ