ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
google_ginza
google_kumamoto
sns_line
sns_insta

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> > 結婚式の日取りのポイント

お役立ちコンテンツ
結婚式の日取りのポイント

結婚式の日取りってどうやって決めればいいの?

日取りを決めるポイントは「良い日」を選ぶのか?「安い日を」選ぶのか?
に大きくふたつに分かれます。

結婚式に人気の季節といえば春と秋、幸せな花嫁の象徴である「ジューン・ブライド」の6月となります。その中でも大安の土・日・祝日を選ばれる方が多いようです。

ただ、日本人の生活習慣の変化や披露宴スタイルの多様化によって現在では自分たちやご招待するゲストの方々の都合に合わせ、日取りを決定される方々も決して少なくはありません。

たとえば、花嫁に人気のある6月は、日本の気候では丁度梅雨の時期と重なります。 最近流行の屋外パーティー形式の披露宴はさけた方が無難です。逆に結婚式が少ない夏などはリゾート系の結婚式には最適のシーズンです。冬などはクリスマスを意識した期間限定のプランなども数多くあるようです。

倹約したいおふたりであれば夏、冬、そして仏滅はおすすめです。オフシーズンならではの安いプランがあるはずです。 直前でも希望日が空いている可能性が高いです。

逆に良い日にこだわるのであれば、すぐに予約をしておかないとなかなか希望日が取れないことがあります。

どちらを取るにせよ、基本はおもてなしをするゲストの方々の都合を考えることが一番大切です。また、両親の希望も無視することなく最適な日取りを決定しましょう。

ポイント1 勤務の忙しい時期をさける
ポイント2 お盆や年末年始はさける
ポイント3 両親や家族の意見を考慮にいれる
ポイント4 自分たちの挙式スタイルを明確にし良いシーズンを選ぶ

>>マメ知識一覧はコチラ