ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> > 実際ご祝儀っていくら

お役立ちコンテンツ
実際ご祝儀っていくら?

お祝い金には、いくつかのタブーがあります

ご祝儀の金額
地域により差はありますが、友人や同僚の場合は2万〜3万が相場になります。
昔は偶数の数字は「割り切れる(別れる)」といわれ、縁起が悪いとされてきましたが、最近は「2」=「夫婦・ペア」と考えられるようになってきました。
ですので、新社会人は特に、2万円でも良いでしょう。
ただし、中には偶数を気にするカップルもいますので、2万円を包む場合は「1万円と5千円を2枚」とし、枚数を奇数にするとよいでしょう。

ご祝儀の注意
「4」や「9」等の数字は「死」や「苦」を連想させるので使用してはいけません。友人夫婦として参列する際は注意が必要です。
夫婦の場合はまとめてご祝儀を贈りますが、1人2万もしくは3万とした場合、4万もしくは6万となります。
この場合は「偶数」にしないよう、間を取った奇数の「5万円」を送るのが一般的なようです。
カップルとの付き合い度によりますが、5万円で少ない場合は7万円。7万円だと経済的に厳しい場合は5万円と1万円程度の贈り物をするのもよいでしょう。

ご祝儀は新札で
ご祝儀にいれるお札は、「新たな門出をお祝いする」という意味を込めて、新札(ピン札)にするのがマナーです。
もし用意できなかった場合は、出来るだけ皺の少ないお札にアイロンを掛けるなどして、皺が目立たなくするようにします。
中袋の入れる時のお札の向きに特に決まりはありませんが、表の上側にお札の人物がくるように包むのが一般的です。

ご祝儀袋の選び方
最近は可愛いもの、綺麗なもの、キャラクターが付いているものなど、様々なご祝儀袋があります。
ついついご祝儀袋をデザインで選んでしまいがちですが、これはマナー違反になる可能性大です!
ご祝儀袋は、中に入れる金額によって変えなければなりません。

基本:
ご祝儀袋は「1度きりのお祝い」という意味で金銀、もしくは紅白の「結びきり」や「あわじ結び」の水引がかかったものを使います。
中には「蝶結び(花結び)」のご祝儀袋もありますが、こちらは「おめでたいことが何度もあって欲しい」という意味が込められていますので、結婚式の場合は使用を控えましょう。
また、表書きに「寿」と入っているものを選びましょう。入っていない場合は筆ペンやフェルトペンで自身で書けばOK。

デザイン:
2万円〜3万円程度:水引きに少し装飾が加わった、300円〜500円程度のもの。
3万円〜5万円程度:水引きに華やかな装飾が施された、500円〜2千円程度のもの。
5万円以上の場合:水引きに鶴や亀などの華やかな装飾が施され、上質な紙を使用した、千円以上のもの。

ご祝儀袋の書き方
濃い黒のインク(墨)の筆ペンやフェルトペンを使用します。たとえ黒であっても、ボールペンや万年筆はマナー違反です。
また、薄い墨や仏事の際利用されるものですので注意が必要です。

中袋:
表面中央に「漢数字」で金額を記載します。裏面左下には、自分の住所と氏名を記入します。

表書き:
個人で送る場合は「寿」の時よりやや小さめにフルネームを書きます。
夫婦や連名の場合は、右側から年上や目上順に。友人同士の場合は五十音で書きます。多くても3名までにしましょう。
4名以上になる場合は、代表者1名の名前をフルネームで書き、左脇に「外一同」といれます。
そして奉書紙もしくは和紙に全員分の氏名を書き、中袋に入れます。

>>マメ知識一覧はコチラ