ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> > 祝儀袋の正しい書き方

お役立ちコンテンツ
祝儀袋の正しい書き方は?

祝儀袋に金額や名前を書くときの正しい書き方は?

結婚祝いの表書きには「寿」あるいは「御祝」と書きます。

名前は必ずフルネームで書きます。左側に寄せて書くのが正式な書き方なのですが、今では一般に中央に書くことが多いようです。

友人などと連名で贈る時、右側から何人もの名前を連ねて書く人がいますが、表書きの真下に目上(年上)の人の名前を書き、以下左側に並べるのが正式な書き方です。

一人の時には、表書きの真ん中に名前を書き、連名の場合は表書きの真下に目上(年上)の人の名を書き、以下左に並べる。

4人以上の時は代表者の氏名を中央に、その左に「他一同」と書き、残りの人の氏名は別紙に書いて祝儀袋の中にいれます。

金額は、中包みの表の中央に縦に書きます。筆記用具は改まった時には毛筆が基本。結婚祝の表書きも、ボールペンや万年筆は使わずに、毛筆で書くのが基本です。

慶事には、墨を濃く、筆太に力強く書いて喜びを表します。毛筆が苦手な人には、毛筆ペンなら書きやすくおすすめです。

>>マメ知識一覧はコチラ