ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレットオリジナル席次表 筆耕サービス
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
facebook公式ページはこちら。「いいね!」を クリックして期間限定のお得な情報をゲット!
sns_line
sns_insta

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >結婚式のマメ知識>理想的な結婚式場を見つけるための4つのポイント
理想的な結婚式場を見つけるための4つのポイント


結婚準備で重要なのが式場選び。さまざまなプランや写真映えするロケーションと、会場ごとさまざまな魅力があって迷ってしまいますよね。 式場選びのポイントは、「1.希望する式のスタイル」を「2.いつ」「3.どこで」「4.誰を招待する」か順番に考えていくこと。今回は理想的な式場を見つけるためのポイントを順を追ってご紹介しましょう。

1. 挙式スタイルによって式場をしぼる
まずはふたりで、または親を交えて、挙式スタイルのイメージを話し合いましょう。 具体的なプログラムを決める必要はありません。 和装or洋装、だいたいどれくらいのゲストを呼ぶか、といった大まかな枠組みさえ決めていれば十分です。 式場によってはご希望の挙式スタイルに対応できなかったり、収容人数が条件に合わない場合もありますので、 これを最初に決めておくと条件に見合う式場がおのずとしぼられます。

2. 吉日をとるか、お得な日取りをとるか
式をいつ行うかはできるだけ早めに決めたいところ。 職場への告知の意味もありますし、式場は早めに押さえておかないと希望する日が予約で埋まっていたということになりかねません。 挙式日に六曜を重視する傾向は今も変わりませんが、敬遠されがちな仏滅や赤口の日に限ったお得なプランも用意されています。 若い世代にとって六曜はあまり気にならないものかもしれませんが、 親族やご年配のゲストにとっては大事なことでもあるので、 日取りを選ぶ際は双方の親を通じ了解を得ておくとよいでしょう。

3. 設備だけでなくアクセスのよさも考慮して
会場選びでは施設の充実度だけでなく、ロケーションも考慮しましょう。 リゾート地のようなベイアリアの会場には誰もが憧れますが、参加する側には移動の負担を強いることにもなります。 特に遠方からお越しのゲストは土地勘もない場合が多いので、アクセスのよい会場、 または現地までの移動手段がちゃんと確保できる会場を選ぶことが大事です。 ちなみに、会場として利用する施設には、おもに次の4つがあります。

・専門式場
冠婚葬祭のための専門式場は、挙式や披露宴に関する知識の豊かなスタッフに手厚いサポートを受けられるのがポイント。 多くの実績から最新のトレンドを取り入れたプランも多彩で、挙式用のチャペルや神殿を設けているのも強みです。 また、会場も大小のホールから選べることが多いので、希望に見合った式が開けます。

・ホテル
専門式場に引けをとらない設備やウェディングプランを備えており、ホテルならではの格式高いホスピタリティが魅力。 また、幅広いコースから選べる料理の質も高く、ゲストにとって満足度の高い挙式・披露宴が実現できます。 宿泊施設であるため、遠方からのゲストの滞在先としても便利です。

・レストラン
専門式場やホテルに比べると会場は小さめですが、建物の雰囲気を生かした、アットホームな式を演出できます。 レストランだけにお料理の満足度が高いのも特長。 また、専門式場やホテルに比べ自由度が高く、リーズナブルにオリジナリティあふれるプログラムを用意することも可能です。

・ゲストハウス
近年注目を集めているのが、広いガーデンやプール付きの邸宅を借り、 ホームパーティ感覚でゲストをおもてなしするハウスウェディングスタイル。 建物やガーデンはとても写真映えするつくりとなっているため、 大切な日の思い出を写真やムービーなどの記録として残したい方は考えてみても?

4. 収容人数にあわせてゲストを決める
せっかくならできるだけ多くの友人・知人を招待したいところですが、 予想以上の出費になってしまうのは考えもの。 あらかじめ会場を絞っておけばその規模からゲストの最大収容数が把握できるため、 上限を考えたゲスト選びがしやすいでしょう。 ゲスト決定のポイントは、必ず招待する人をまず確定すること。 会場の収容上限、あるいは希望する上限数まで余裕があるようであれば、 できれば招待したい人のリストをもとに人数を調整します。 新郎新婦両家から半々に選ぶ必要はありませんが、 ゲストが孤立してしまうような振り分けにならないように注意しましょう。

納得がいくまで足を運ぶことが大事
「思っていた以上に会場が狭かった…」「期待していた料理と違った」 ということがないよう、会場を下見させてもらうことも忘れずに。 「ここまで聞くのは厚かましいかな?」と遠慮せず、しっかり納得がいくまで検討しましょう。


>>マメ知識一覧はコチラ