ブレス3つのこだわり
無料サンプル3点プレゼント (お一人様初回限り)カタログ付・無料発送中
blessだけのご購入者特典
お得なセールはこちらから!
無料テンプレートはこちらから
ペーパーアイテムを選ぶ 招待状 席次表 席札 ゲストカード 付箋 メッセージカード 別途オプション 結婚報告はがき SAVETHEDATE
印刷・筆耕サービス おまかせ印刷 アプリで印刷 リーフレット風席次表 筆耕サービス
演出アイテムを選ぶ ウエルカムボード ウエイトドール その他ウエディングアイテム フルールウエディング
ギフトを選ぶ プチギフト 引菓子 引出物 カタログギフト
sns_line
sns_insta
google_ginza
google_kumamoto

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
> >ワードテンプレート編集のやり方!
ワードテンプレート編集のやり方!

ワードテンプレート編集のやり方について勉強しよう!

招待状・席次表テンプレートの編集のやり方についてご紹介します!
テンプレートは全てオフィスのワードのデータになります。
使い方もワードの機能内のものになりますのでお好きにアレンジしてご利用ください。
ここでは基本的な使用をご説明いたします!
※またワードやパソコンのバージョンにて表記内容や機能が異なる場合がございますのでご了承ください。

1.テンプレートは2種類!
ブレスではお客様がご自由に使用できる無料テンプレートと 購入されたお客様がご利用できるデザイン入りのテンプレートの2種類をご用意しております!


ご購入者特典のデザイン入りテンプレート

2.ご購入者特典のデザイン入りテンプレート
お好きなデザインを招待状や席次表と組み合わせでつくることができます。
ご購入者のみ発送時にメールにてパスワードが送られます。


お客様のレイアウトに近いものを「ダウンロード」▶「パソコンへ保存」

※自分のテンプレートがない方や、席数が多い方は多めの席のテンプレートをダウンロードし、 テーブルを「削除」していくのがおすすめです。



商品を発送する際にお送りしているメールにて「ユーザー名」「パスワード」 を入力してください。その場合はコピー+貼付けにて行なうと簡単です。
※手打ちやコピーの場合は打ち間違いや空間を入れてしまうなどの、テンプレートが使えません!!とお問い合わせが多いのですが、 パスワードは変更しておりませんので、お気をつけてご入力ください。



テンプレートをデスクトップなどわかりやすい場所へ保存してください。
保存したファイルにて、お客様オリジナルのテンプレートに仕上げてください!!
※こちらの表示ではなくインターネット上にて表示される場合はパソコンにてその設定がされている為解除しご利用ください。



3.テーブルの編集
テンプレートはテーブルごとに移動させやすいように、グループ化されています。
・名前が長い方
・テーブルから名前を離したい方
・名前を左右にて合わせたい方などは次の作業をお願いします!

<1> 「shift」を押しながらテーブルを選択します。その際に、角に●や■が表示されます。


<2> 選択した状態で、「マウスを右クリック」してください。
項目の中に「グループ化」がありますのでそちらで「解除」「グループ化」等をして利用します。
※この機能を上手に使うと、テーブル移動やレイアウト修正などに便利です!


<3> グループ化を「解除」したら右側名前・左側名前・テーブルにてバラバラになります。
※角に●や■が細かくボックスごとに表示されます。


<4> グループが解除されると文字のはいっているボックスが自由に広げられるため、
文字の多い方や人数が縦に増える方は枠を広げてお使いください。


4.テーブルを増やしたい場合は!
<1>同じものを増やしたい場合は、コピーしたいものを選んだ状態で「マウスを右クリック」します。
項目の中からコピーを選択してください。


<2>コピーしたい場所にて「貼付け」にてコピーしたデータが表示されます。 ※テーブルを増やしたい時や画像を増やしたい時に便利です。




5.文字の縦幅を広げたい方・狭めたい方
<1>調整した文字を選択したまま「マウスを右クリック」▶「段落」を選択します。


<2>赤で囲んである箇所などを調整すると均等に調整ができます。





6.文字と文字の間を広げたい方・狭めたい方
<1>文字をつめしたい箇所を選択し、「マウスにて右クリック」▶「フォント」を選択します。


<2>文字の倍率や文字間を調整してお好みの文字幅にしてください。
※下記のイメージは狭めた場合のものです。




7.文字・文章の挿入
<1>テキストボックスを利用して、自由な場所に文章を追加できます!


<2>テキストボックスの枠にラインが出てしまう場合は「図形の枠線」線なしに設定ください。



>>マメ知識一覧はコチラ