お客さまの声 投稿広場 レビューや感想を投稿すると、もれなく嬉しいプレゼントが!

Pick
                     UP ピックアップ

2017.04.28
式を盛り上げる、失敗しないBGMの選び方

 

入場や乾杯、歓談などのタイミングで使用するBGMは、素敵な結婚式を演出するための重要な要素。
ゲストの方々にとっても思い出深い一日となるよう、BGMを選ぶ際のポイントをご紹介します。
結納は家と家を結ぶ大切な儀礼でもありますので、お互いの家族とよく相談してどのような形式をとるか決めましょう。

 
使いたい曲は早めにリストアップ!
式で使用するBGMは絶対に自分たちで準備する必要はないため、式場のプランナーに選曲はお任せという方もおられます。
他の準備で手一杯ということであれば仕方ありませんが、思い入れのあるBGMを使うことでさらに思い出に残る結婚式になるはず。
結婚式直前の数ヵ月は準備や手配で時間を割く余裕がなくなってくるので、なるべく早い時期から選曲を始めるとよいでしょう。

 
思い入れも大事だけど会場の雰囲気にあった曲を
結婚式は一生の中でも特別な日。
せっかくなら、自分が大好きなアーティストの曲を流したくなるもの。
ただし、結婚式は祝福していただくゲストをおもてなしする場でもあります。
メロディは良くても歌詞がおめでたい日にふさわしくなかったり、式の雰囲気にそぐわないほど曲調が激しかったりするものは避け、小さなお子様やご年配の方にも配慮した選曲を心がけましょう。
また、いくら結婚式にぴったりのアーティストでも、すべて単一アーティストからの選曲だったり、特定のジャンルに偏りすぎるのもNG!
当人たちだけでは意外と選曲が偏りがちになるので、友人やプランナーに使用したい曲リストを見せ、アドバイスや追加の曲提案をもらうのもよいでしょう。

 
式のシミュレーションで曲使用のタイミングを図る
BGMにこだわって式を演出する場合、どこで、どう流すかにも気を配りたいもの。
たとえば、生い立ちからのスライドショーを上映しているとき、いい雰囲気のところで曲のサビがずれてしまったりしてはせっかくの演出も台無しです。
式の進行を事前にシミュレートし、どこでどの曲を使うか、プランナーと綿密に打ち合わせておきましょう。
会場でよく使われる曲は効果的な使い方を把握されていることもあるので、曲の使い方については遠慮せずに相談してみること。
曲は式場側で準備できるのか、自分たちで用意する必要があるのかもしっかり確認。
自分たちで用意する場合、音とび・音割れしていないか、曲どうしのボリュームは均一かどうか事前にチェックしておくことも大事です。

検索

商品カテゴリーで選ぶ
価格帯で選ぶ
季節で選ぶ
色で選ぶ

※上記条件を選んで検索してください。