お客さまの声 投稿広場 レビューや感想を投稿すると、もれなく嬉しいプレゼントが!

Pick
                     UP ピックアップ

2017.04.25
これだけ押さえれば大丈夫!結婚報告のポイント〜訪問当日の心構え〜

 

「訪問前の下準備」では訪問前に行っておくべきことをご紹介しましたが、今回は訪問当日に注意するポイントをおさらいします。

訪問当日の心構え

清潔感のある身だしなみを心がけて
先方の親にお会いするわけですから、身なりで悪印象をもたれるのは避けたところ。
また、たとえ以前からお付き合いがあり、気心知れた間柄であったとしても、この日は正装で訪問しましょう。
派手すぎる色のスーツやアクセサリは避け、清潔感を重視することがポイントです。

・髪型
目が隠れるような前髪や、極端な色の茶髪や金髪はNG!ロングヘアの場合、まとめ髪にすると清潔感が出て好印象です。
・メイク
過剰なアイメイクは避け、派手さを抑えたナチュラルメイクで高感度アップ!口紅は明るめの色を使った方が顔色がよく見えます。
・小物
控えめで上品なアクセサリやバッグを用意しましょう。婚約前にもらった大事な指輪は、左手の薬指以外につけておきましょう。
・服装
セミフォーマルな場に適したスカートを。胸元が開いた服や極端に丈の短いスカートは、マイナスの印象を与えてしまいます。
・足もと
清潔感のあるストッキングや靴下を着用し、突然の雨に備えて予備も準備。靴は脱ぎ履きしやすい落ち着いた色のパンプスを。
部屋に通されたときに注意すること
双方の家庭の訪問は、女性の親の家庭から。
約束した時間に遅れるのはもってのほかですが、だからといって早く訪問しすぎるのも気を遣わせてしまいます。
理想は約束の時間の5~3分前に訪問宅のインターホンを押すくらいのタイミング。
玄関では靴を揃えて脱いで正面向きで上がり、相手にお尻を向けないようにかがんで靴の向きを直してから下座(端)に置きましょう。
帰るときは下座に置いた靴をそのまま履かず、中央に置き直してから履きます。お部屋に通されても勝手に座るのは厳禁!必ず着席を促されてからにしましょう。
また、部屋の座席には上座と下座があり、訪問時は上座を勧められても下座を選ぶこと。和室・洋室ともに入口から一番奥の席が上座になると覚えておきましょう。

いざ対面!緊張しないために

全員が着席したら「本日はおいそがしいところありがとうございます」と、感謝の気持ちを伝えます。
お茶などをすすめられたら固辞せず、ありがたく頂戴しましょう。
質問されたら相手の目を見て、ハッキリと答えること。
二つ三つ話題が出て話が途切れたときが本題に入るタイミング!話の切り出しは、どちらの親の場合も男性に切り出してもらいましょう。

検索

商品カテゴリーで選ぶ
価格帯で選ぶ
季節で選ぶ
色で選ぶ

※上記条件を選んで検索してください。