お客さまの声 投稿広場 レビューや感想を投稿すると、もれなく嬉しいプレゼントが!

Pick
                     UP ピックアップ

2017.04.25
これだけ押さえれば大丈夫!結婚報告のポイント〜職場への報告〜

 

双方の親に承諾をもらったら、いよいよ職場や親戚などにも結婚する旨を報告しましょう。
業務の妨げにならないよう、特に職場への報告は段取りを考えて。

職場への報告
まずは直属の上司に報告!
職場への結婚報告は仕事への影響も考慮して式の3ヵ月前までに済ませます。
まずは直属の上司に、「少しお時間をいただけますか」とクローズな場で報告する機会をいただきます。
その際、他の上司に直接自分で報告するのか、それとも直属の上司から周知してもらうかを確認しておきましょう。
結婚報告は直属の上司→先輩→同僚・後輩と情報が伝わるよう、仮に仲のよい友人には先に話してしまったとしても目上の人に情報が行き渡るまでは内密にしてもらうこと!

招待客の上限を定めてから全体に周知
結婚報告で重要なポイントが、報告する相手を式に招待する予定かどうか。
相手もそこが最も気になるはずなので、個別の報告は式に招待する人がある程度確定してからがよいでしょう。
招待する予定の人には、ぜひご参加いただきたいという気持ちを込めた一言を添えたること。
招待する予定のない方には「式は親族のみで執り行います」などと、相手を不快にさせない配慮をプラスして。

親戚は親に連絡を依頼するのも○
親戚への連絡も招待する人が確定してから。普段から親しくお付き合いしている親戚なら、自ら報告した方が喜ばれるでしょう。
遠縁の親戚への報告は親に任せても失礼にはあたりません。
友人・知人への連絡だと最近はメールやSNSでの一括情報送信が主流ですが、結婚報告は手間がかかっても個別に行うのがマナーです。

  • 口コミはこちらからゼクシィネット
  • ショールームのご案内
  • 式場・ホテル・プランナー専用bless agent
  • DEGITAL CATALOG
  • CM gallary
  • リニューアルキャンペーン
  • 今月のお買い得アイテム
  • outlet
  • まとめ買いがお得
  • お客様の声 投稿広場
  • 口コミはこちらからゼクシィネット
  • ショールームのご案内
  • 式場・ホテル・プランナー専用bless agent
  • DEGITAL CATALOG
  • CM gallary

検索

商品カテゴリーで選ぶ
価格帯で選ぶ
季節で選ぶ
色で選ぶ

※上記条件を選んで検索してください。