お客さまの声 投稿広場 レビューや感想を投稿すると、もれなく嬉しいプレゼントが!

Pick
                     UP ピックアップ

2017.04.28
袱紗の選び方〜当日の渡し方

 

ふくさ(袱紗)の準備は出来ていますか?

 

【袱紗(ふくさ)とは?】
ふくさは結婚式などの慶事以外にも、弔事にも使います。
慶事では「赤」「ピンク」「えんじ」等の赤系統の色をふくさを使います。
弔事では「紺」「緑」「グレー」のふくさが一般的です。
また、「紫」は慶事でも弔事でも使えますので一枚持っていると便利です。
「風呂敷」タイプや「台付き」タイプ、「金封(お財布のような形状)」タイプ等がありますが、使いやすいものを選びましょう。
「金封」タイプは比較的使いやすく、男性であれば胸ポケットに入れる場合も崩れずよいでしょう。
ご祝儀袋の大きさによってはポケットに入らない場合があります。
そのような時は無理していれず、風呂敷タイプのふくさを利用するようにしましょう。

 
【包み方】

 

袱紗(ふくさ)の折り方。数字の順番に折ります。ツメがある場合「4」にツメがくるように広げます

 

 
「風呂敷」タイプや「台付き」タイプの包み方を説明します。
ひし形にふくさを広げ、中央やや左寄りにご祝儀袋を置き、数字の順番に折っていきます。
ふくさに「ツメ」がある場合は、[4]の位置にくるように置きます。
逆の順番に折ると弔事用の折り方になるので気をつけましょう。
「台付き」タイプは台の表裏を反すことで慶弔時を使い分けられます。
お祝いごとの場合は表(上)に赤色がくるように、
お悔やみごとの場合は表に緑色がくるようにします。

 
渡し方
当日受付についたら、「本日はおめでとうございます」と一言。
その後ふくさに包んだご祝儀を取り出します。慌てる必要はありません、所作はゆっくりした方が丁寧に見られます。
取り出したら 畳んだ袱紗の上に、相手側に名前が読めるように置き「気持ちばかりですが」と添えながら、畳んだ袱紗に乗せたまま両手で差し出します。
最近は素手で渡すことも多いようですが、最後まで「汚さない」という気配りに好感を持って頂けるのはこちらの渡し方です。
その後は芳名帳に名前と住所を書き、受付を済ませます。
招待状に芳名帳(メッセージカード)が同封されていた場合はご祝儀を渡した後に受付に渡しましょう。

 

 

 

  • 口コミはこちらからゼクシィネット
  • ショールームのご案内
  • 式場・ホテル・プランナー専用bless agent
  • DEGITAL CATALOG
  • CM gallary
  • リニューアルキャンペーン
  • 今月のお買い得アイテム
  • outlet
  • まとめ買いがお得
  • お客様の声 投稿広場
  • 口コミはこちらからゼクシィネット
  • ショールームのご案内
  • 式場・ホテル・プランナー専用bless agent
  • DEGITAL CATALOG
  • CM gallary

検索

商品カテゴリーで選ぶ
価格帯で選ぶ
季節で選ぶ
色で選ぶ

※上記条件を選んで検索してください。