お客さまの声 投稿広場 レビューや感想を投稿すると、もれなく嬉しいプレゼントが!

Pick
                     UP ピックアップ

2017.04.28
祝儀袋に金額や名前を書くときの正しい書き方は?

 

結婚祝いの表書きには「寿」あるいは「御祝」と書きます。

 

 

名前は必ずフルネームで書きます。左側に寄せて書くのが正式な書き方なのですが、今では一般に中央に書くことが多いようです。

 

 

友人などと連名で贈る時、右側から何人もの名前を連ねて書く人がいますが、表書きの真下に目上(年上)の人の名前を書き、以下左側に並べるのが正式な書き方です。

 

 

一人の時には、表書きの真ん中に名前を書き、連名の場合は表書きの真下に目上(年上)の人の名を書き、以下左に並べる。

 

 

4人以上の時は代表者の氏名を中央に、その左に「他一同」と書き、残りの人の氏名は別紙に書いて祝儀袋の中にいれます。

 

 

金額は、中包みの表の中央に縦に書きます。筆記用具は改まった時には毛筆が基本。結婚祝の表書きも、ボールペンや万年筆は使わずに、毛筆で書くのが基本です。

 

 

慶事には、墨を濃く、筆太に力強く書いて喜びを表します。毛筆が苦手な人には、毛筆ペンなら書きやすくおすすめです。

 

 

 

  • 口コミはこちらからゼクシィネット
  • ショールームのご案内
  • 式場・ホテル・プランナー専用bless agent
  • DEGITAL CATALOG
  • CM gallary
  • リニューアルキャンペーン
  • 今月のお買い得アイテム
  • outlet
  • まとめ買いがお得
  • お客様の声 投稿広場
  • 口コミはこちらからゼクシィネット
  • ショールームのご案内
  • 式場・ホテル・プランナー専用bless agent
  • DEGITAL CATALOG
  • CM gallary

検索

商品カテゴリーで選ぶ
価格帯で選ぶ
季節で選ぶ
色で選ぶ

※上記条件を選んで検索してください。